“平成最後”の『紅白』総合司会は内村光良 紅組は広瀬すず、白組は櫻井翔

“平成最後”の『紅白』総合司会は内村光良 紅組は広瀬すず、白組は櫻井翔

1: 47の素敵な(玉音放送 typeR) (2級) 2018/11/09(金) 15:07:47.65
“平成最後”の『紅白』総合司会は内村光良 紅組は広瀬すず、白組は櫻井翔
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181109-00000353-oric-ent
20181109-00000353-oric-000-19-view

 “平成最後”となる『第69回NHK紅白歌合戦』(12月31日 後7:15~11:45)の総合司会が内村光良(54)と同局の桑子真帆アナ(31)、紅組司会が広瀬すず(20)、白組司会が嵐の櫻井翔(36)に決定した。9日、同局より発表された。

【写真】過去に共演も…白組・櫻井&紅組・すず2ショット

 内村の総合司会は昨年に続いて2年連続。昨年は初挑戦ながら優しさあふれる進行ぶりで、多くの視聴者から好評を集めた。

 来春放送の朝ドラ『なつぞら』に主演する広瀬は初めての司会。100作目という節目となる作品への出演を控え、大役に臨むことになった。同作は、戦争で両親を失ったヒロイン・奥原なつ(広瀬)が、北海道・十勝の大自然と、開拓者精神あふれる大人たちのもとでたくましく成長し、当時「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界にチャレンジしていく、日本アニメの草創期を描く。

 櫻井は嵐として10年から14年まで5年連続で白組司会を務めたが、単独では初。ニュース番組やバラエティーなど司会ぶりには定評がある。広瀬とは今年公開の映画『ラプラスの魔女』で共演しており、『紅白』でも息の合ったところを見せそうだ。

 同番組は、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年に向けて、16年の『第67回』から、オリンピックイヤーを目前にした2019年の『第70回』までの4年間、「夢を歌おう」をテーマに掲げ、さまざまな世代の人たちの夢を「歌の力」で応援していく。

続きを読む

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

noimage
noimage
SKE48北川綾巴「100%SKE48 vol2 今私は売れなかったらどうしよう。という不安に襲われています。」
noimage
SKE48 03月06日夜の画像まとめ
noimage
【NMB48】TEPPENラジオで渡辺美優紀の後任を発表!
【悲報】留学を終えた川本紗矢ちゃんがガリガリに痩せてて泣いた、、、。
【画像アリ】葉月めっちゃ可愛くない?【HKT48】
乃木坂46出演『しゃべくり007』が今年最低の視聴率を記録してしまう 12.2%
込山榛香「16期にはAKB48の1人ということを自覚して努力をする子が欲しいです。あとファン想いな子」
noimage
SKE48岡田美紅は何をしているんだ…?
れなっちが公式ツイッターの「いいね」を全消し
【画像アリ】ラスボス、強そう【HKT48】

Menu

HOME

TOP