カテゴリー:ひな図書

記事一覧
ホームPage 1 / 11

ひな図書をやってます

ひな図書

日向坂46のゲームがいくつかリリースされています。古いところから言えば欅のキセキ/日向のアユミ、ユニゾンエア、ひなこいなどです。

そもそも欅のキセキは名前の通り欅坂46とけやき坂46を対象にしたゲームでガチャでカードを引いてパズルゲームで遊びながらカードを育成していくものです。そして日向坂46の改名デビューに伴って日向のアユミと名前にも日向が追加されています。ただもとが欅坂46前提なので日向坂46のメンバーだけで遊ぶことはやれなくはないもののやりにくいゲームでした。

ユニゾンエアはリズムゲームで、なかなかライブのBDが販売されない現状にゲーム中とはいえライブ映像を見ることが出来るので評判のゲームでした。ただ私の様にリズムゲームが得意でない人間位は少し敷居が高いゲームでした。またこちらも欅坂46と一緒に提供されているので日向坂だけで遊びたい人間にはやや面倒な面もありました。

そんな中で最近リリースされたのが「ひなこい」です。こちらもカードゲームですがカードをデッキに組んで対戦を行うことで才能開花させてカードを育成していきます。そしてゲームのストーリーを進めて一定の条件をクリアするとメンバーの動画を観ることが出来ます。しかも基本的なスタンスがメンバーと同じ高校に在籍してアイドル部の「監督」になりメンバーと仲良くなって彼氏になろうというものなので日向坂46ヲタには妄想を実現してくれるゲームです。

ひなこいは日向坂46メンバーのみのゲームなので日向坂46だけでやりたいという人にはお勧めです。ただ一点これはあくまでも私の個人的な感想ですが仕組みがやや複雑で、私の様な爺さんにはスマホのヘルプでは文字が小さすぎてなかなか理解しにくいゲームでした。(と言いつつ少しずつ進めていますが)

そんな中今年2021年にリリースされたのが「ひな図書」です。

日向坂46冠番組ひなあいの中でもCMが流されたのでやっている遣っていないは別として日向坂46ヲタには存在が上記のゲーム同様認知されているかと思います。

このブログでは、そんなひな図書の内容をまとめていこうと思います。

ホームPage 1 / 11